世界デジタルサミット2017開催趣旨

昨年度の様子

 コンピュータやスマートフォンだけでなく、家電や産業機器といったさまざまな装置がネットワークにつながり、相互に通信をしながらデジタルデータを蓄積して社会全体に新たな価値をもたらす「IoT(モノのインターネット)」が注目されています。人工知能(AI)やビッグデータなど周辺分野でも技術開発が進んでおり、ものづくりを中心に発展してきた日本の産業にも大きなイノベーションをもたらす可能性が期待されています。

 こうした新しい動きの中でデジタル技術を活用してどのような社会や経済を目指すのかが重要になっていることを踏まえ、「世界ICTサミット」は「世界デジタルサミット」と名称を改めて開催します。初回となる2017年は「IoTが拓くイノベーションと成長」をテーマに、関連分野の経営トップや政策責任者などを招き、IoTによって変わろうとしている社会とビジネスの未来について議論を行います。

名 称 世界デジタルサミット2017 ―IoTが拓くイノベーションと成長―
会 期 2017年5月29日(月)・30日(火)
会 場 イイノホール(東京・内幸町)
主 催 日本経済新聞社総務省
受講料 無料(事前登録制) ※応募者が多数の場合は抽選で受講者を決定します。

最新情報

2017.06.08
公開が可能な講演資料をプログラムページに掲載しました。
2017.06.01
世界デジタルサミット2017の動画アーカイブを公開しました。
2017.05.30
世界デジタルサミット2017は終了しました。
2017.05.29
世界デジタルサミット2017を30日まで開催します。インターネット中継はこちら
2017.05.19
受講のお申し込みをいただいた皆様に当落のお知らせをメールでお送りしました。
2017.05.17
受講者募集を締め切りました。抽選のうえ、当選された方には後日受講券をメールにてお送りします。
2017.04.24
世界デジタルサミット2017の受講者募集を開始しました。

特別協賛

  • NEC
  • NTTドコモ
  • schneider
  • TCS
  • 富士通
  • みずほフィナンシャルグループ

会場のご案内

イイノホール 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4〜6F

イイノホールへの地図

霞ケ関駅から徒歩1分、5駅12路線とさまざまなアクセスに対応しています。また、お車でお越しの場合は、地下2階の時間貸駐車場をご利用いただけます。

  • 【利用可能路線】
  • ・東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
  • ・東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
  • ・東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
  • ・東京メトロ 有楽町線 「桜田門」駅 5番出口 徒歩10分
  • ・JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、都営地下鉄浅草線、ゆりかもめ「新橋」駅 徒歩10分
  • ・都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分
facebookページ
このページのトップへ

日本経済新聞社について